« 母の日 | トップページ | 日帰り参拝 »

2014.05.16

出雲→京都→岡山(一人旅)1日目

heart024月3・4・5日に一人旅に行って来ました。

3月までは喪中ということもあり自粛していましたが、1年経ち、仕事でも連休が取れたので予定を立て行って来ました。

上空から見た景色はこんな感じで、出発の時の天気は曇りです。

045_2 雲の層も厚かったのですが、空港に着くと晴れていました。

レンタカー窓口に立ち寄り車を借りました。

ギアの位置がコラムシフトタイプだったので、慣れるまで戸惑ったけれどあまり支障はなかったです。

047_2 出雲大社を目指します。

050_2 失礼のないように「祓社」で身を清め、参道の端を歩いて行く。

059_2参道脇の広場には、満開の桜が見事に立ち並び、歓迎してくれたように思います。

057_2 本殿前の桜です

056_2  昨年来たときは無かった「御柱」が姿を見せました。

とても高いです。

新しくなった本殿で感謝想起した後、今まで工事中で参拝できなかった裏の「素鵞社」でやっと挨拶することができた。

苔生した感じの、とても荘厳で風情のある裏道でした。

宝物殿前で鳩の餌を買い、しばらく鳩と遊び、外苑駐車場近くにあるお食事処「いずも」(八雲そばで食べようと思ったら定休日でした)で、割子そば三段重ねを食べました。

天ぷら・山芋・大根おろしとそれぞれ添えてあり、美味しかったです

060_2お腹もいっぱいになったので次は「島根ワイナリー」へと向かいます。

061_2団体の人達がいっぱいで落ち着かなかったので、直ぐ出て、宍道湖沿いの9号線を通って八重垣神社にお詫びをしようと向かった。

駐車場に着くと、神社には寄らず鏡の池の入口に立ち、お詫び申し上げた。

昨年ここを訪れて、うかつにも占いをしてしまい、それから、不幸な出来事が次々と起こり、あさはかだった自分を悔いました。

神様の聖域を汚す行為をしてしまったと後悔したのでした。

神は厳しいです。

参拝の際は失礼のないよう気をつけましょう!

そして、どうしてもお詫びがしたいと、今回の旅を計画したのです。

駐車場に戻ると涙が溢れてきた。

今までの辛かったことへの思いなどが溢れ出たのだろうか?

(櫛名田姫もきっと泣いているのだろうと何故か思って涙が止まらなかった。この時白い鳥が2羽山の奥に消えていくのを見た。あれは何だったのだろう?)

そして、近くの神魂神社へ

062_2

ここも参道の桜が満開です

ここもも涙があふれてしまう神社です(なぜか、イザナミさんも泣いているんだな~と思ったのでした)

時間があったので、須我神社に向かいました。

063_2山間のクネクネ道を、30分位車を飛ばし路地を入ると石垣が見えた。

小奇麗な池を横目に見て駐車場に車を停めた。

高くない階段を上ると歴史を物語るかのように、神社はあった。

とても明るい感じの場所で、なぜかホッとした。

古い神社ですが、とても風情のあるところです。

ここで、スサノウと櫛稲田姫は幸せに暮らしていたのだろうと思えました。

本殿だけをお参りし、宮司さんと思われる方と少し話をしました。

夕方の5時を過ぎてしまったので、車を飛ばし、松江にあるホテルに向かいます。

|

« 母の日 | トップページ | 日帰り参拝 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118339/59651939

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲→京都→岡山(一人旅)1日目:

« 母の日 | トップページ | 日帰り参拝 »