« 資格試験・・・! | トップページ | RAIN 비 Fanmade MV ~We Believe RAIN Can Fly »

2010.11.03

実家へ

3週間ぶりに、実家の父の霊前にお線香をあげに行った。

夜の9時頃、誰も居ない家にポツンと寂しそうに置かれている、父の祭壇。

写真はいつも笑っているが、寂しそうに見えてしまう。

跡取りの兄夫婦は、同居していない。

兄夫婦は共稼ぎなので、近くに居るとはいってもなかなかお線香をあげに来れないのだろう。

休みの日には来ていると言っていたが、花は半分くらい枯れていた。

仕方なく、枯れた花を捨て午前2時までかかって生け直した。

綺麗になった。

「お父さん、なかなか来れなくてごめんね」

と心で謝っていた。

ここはもう長男の兄の家。

父が亡くなった時に、もう泊ることは止めようと心に決めたので、車で20分位のところにある仮眠できる温泉で時間を過ごし、近くの次男の兄の所に立ち寄った。

次男の兄と、実家の庭にある柿を取りお土産にもらった・・・。

お墓参りに行き、祭壇の父にお別れを告げ車に乗り込む。

次男の兄も私も、心は複雑だ。

長男が跡を取ることになったので何も言わないようにはしているが、本当にこれで良いのだろうか?

長男の兄夫婦との同居を最後まで願っていた父は、一人寂しく最期を迎え、今も一人。

これが私たちが望んでいる家族の姿だろうか?

時代が違うと言うけれど、人の心までこんなに寂しくなってしまったのか?

親を大切にとか、家族の絆とか言うけれどそんなのは幻想に過ぎないのだろうか?

49日も過ぎていない父の遺骨は、誰もいない家に置いておかれ幸せなんだろうか?

とても切ない気持になる。

せめて私が近くに居たら、こんな寂しい想いはさせなかったのにと、自分を責めている私。

お父さん本当にごめんね(ノ_-。)

親が具合悪いからと、途中からの同居は難しいのだろうか・・・。

日本人の家族性はいったいどうなってしまったのだろう。

こんなことで、愛情豊かな強くたくましい人間性がはぐくまれていくのだろうか?

何が良いのか分からなくなり混乱している。

今分かっているのは、もう両親はいないということ!

実家に泊ることはもうないだろう・・・。

|

« 資格試験・・・! | トップページ | RAIN 비 Fanmade MV ~We Believe RAIN Can Fly »

両親」カテゴリの記事

コメント

同居ってなに?

投稿: BlogPetのラン | 2010.11.06 15:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118339/49922320

この記事へのトラックバック一覧です: 実家へ:

« 資格試験・・・! | トップページ | RAIN 비 Fanmade MV ~We Believe RAIN Can Fly »